HOME > 看護師が転職を考える時 > 看護師のスキルは一生もの!子育て後もスキルアップできる

看護師のスキルは一生もの!子育て後もスキルアップできる

30代女性からのメッセージ
大学病院産婦人科小児科病棟3年、総合病院産婦人科外科病棟4年、公立病院産婦人科内分泌内科病棟3年、非常勤で産婦人科や小児科クリニックにて勤務経験あり
大学病院や公立病院の主に産婦人科病棟にて10年以上の臨床経験があります。看護師、助産師、保健師としての勤務経験があり、現在は子育てをしながら大学の保健センターで働いています。

看護師を目指すなら、学歴も大切

私の最終学歴は大学院中退ですが、やはり学歴は様々な面で影響していると思います。給与面もそうですが、私の出身校は歴史もあり卒業生も多いので、割と学会や研修などに行くと卒業生に出くわすことも多いです。そういうことで人脈が広がって様々な先生を紹介してもらえたり、求人についての連絡がきたりということもあります。
病院でも教育現場でも紹介による求人もありますので、自身の経験からしても学歴は後々まで影響することが多いと思います。

看護師資格取得後も日々勉強

私は看護教育に興味があるので、機会があれば大学の看護学部等で働きたいですね。また看護職としてマネジメントもしてみたいので、訪問看護ステーションを設立したり、助産院を経営したりもしてみたいですね。
看護の領域としては母性看護学を極めたいと思っています。また糖尿病にも興味があるので、糖尿病療養指導士の資格も取れたらと思っています。
私は現在育児中のため勤務形態も非常勤で勤務していますが、いずれ常勤勤務に復帰し母性看護領域を深めたいと思っています。ですので、現在も看護協会の研修や様々な学会には参加し、最新の情報は入手するようにしています。また、看護系の雑誌は領域関係なく幅広く読むようにしています。

看護師の理想を高く持ちすぎないで

私は、10年後も看護師としてバリバリ働いていると思います。できれば看護教育に携わるか、自身で開業しマネジメントしながら看護職として活動していきたいと思っています。
新卒の頃は毎日が必死で看護職としていつまで続くかと、転職も考えたりする時期もあるかもしれません。しかし、私は案外看護にはまり楽しく仕事しています。
先の事を考えても仕方ありませんから、まず目の前にあることを一つ一つクリアしていくのが大事です。
また理想と現実に違いが生じるのも当然のことですから、あまり理想を高く持ち過ぎず現実をそのまま受け止めるということも大切です。あまり頭で考え過ぎないでください。